momococo-info

健康管理システム業種別サポートシステム

健康アシスト21

健康アシスト21

健康アシスト21は、項目が多く、登録が面倒で複雑な、健康診断データの手間をできるだけ省き、単純化するためのシステムです。特定健診・保健指導の標準化に全て準拠し、業務効率アップの効果を現すことができます。
データ交換様式は、標準様式のXML仕様と、汎用的なCSV仕様の両方に対応しています。

健康アシスト21

健康アシスト21は、導入費用も安く、短期間で運営可能。医療制度対応の特定健診も容易に管理、使いやすさにこだわった健康情報管理システムです。

健康診断のデータの特徴と健康アシスト21のシステムについて

健康診断のデータの特徴は、

  1. 健診項目がとても多いこと、
  2. 健診データの登録が面倒で複雑なこと、
  3. 健診項目の変更や追加が非常に多いこと

などがあげられます。
健康情報管理システム「健康アシスト21」では、そんな手間をできるだけ省き、単純化するために開発されました。

システム導入のメリット

  • 初期導入費なしの低価格なソフト使用料金で利用可能。
  • スタンドアロンから小規模ネットワークまで対応可能。
  • メタボリックシンドローム等、特定健診の階層化判定に対応。健康指導対象者の抽出分析も簡単に。
  • 保健対面指導で効果を出せるわかりやすい画面表示。
  • 健診結果を目的に合わせた集計・検索・解析が可能。
  • ファイルごとに暗号化できるので、安全に持ち出し可能。
  • 全国300事業所に及ぶ導入実績。
  • 自治体(地域・職域)、民間企業、健保、国保、健診機関等

健康アシスト21は、職域・地域・保険者どこでも利用できるシステムです

健康アシスト21

健康アシスト21.NET

健康アシスト21.NETは、義務化の特定健診・特定保健指導に完全準拠。各分野で利用でき、業務効率を図れる医療費削減に効果を現すシステムです。

健康アシスト21による医療費削減

「高齢者の医療の確保に関する法律」施行に向け、特定健診・特定保健指導の義務化とともに健診の標準化・統一化が動き始めました。弊社ではこの法律に準拠した次世代システムとして、健康アシスト21.NETを開発。各分野での業務の特徴を生かしたシステム構築で、業務効率を図ることができます。また、国保(健保連)の事業ともデータ連携することが可能。独自の判定などにより、本来は見逃される「健康要注意者」を発見し、医療費削減を現実のものとすることができるシステムです。

特定健診・特定保健指導に完全対応

保険者の義務化の必須アイテムとして、厚生労働省指定の特定健診項目のみではなく、事業主健診や特殊健診、人間ドック等の全ての健診に幅広く対応しています。

今まで見逃されている健康要注意者を見逃さない

地域性や職種性・年齢・性別等に起因した健康要注意者を見逃さない抽出機能を有しています。

科学的根拠に基づいた保健指導計画

任意の集計・分析・統計の機能が一体化しているシステムなので、評価した計画を無理なく立てられます。

健診機関向け健康アシスト21 ~健康管理データ交換システムとして~

健診全般管理

契約別管理・健診項目は人間ドック他必要項目を選択可能。

付随業務管理

標準データ様式(XML)対応・健診業務システムとの連携等。

健康アシスト21.NETの特徴と解決法

医療制度改革の義務化対応に悩んでいる…

 義務化に完全対応!特定健診・特定保健指導にも対応したシステムです。

被扶養者の管理・母子保健の管理もできるの?

 被扶養者・母子管理はもちろん、管理に必要な全対象が範囲です。

今後改正される労安法等の対応は大丈夫か?

 改正される地域保健・職域保健の標準化に対応します。

健診・保健指導の効果を表す機能はあるの?

 システムを活用する保健師等が常に意識できるような画面です。

個人の健康度リスクを表現する機能はあるの?

 独自のデータ解析により健康(病気になりやすい)リスクを算出します。

個人情報等のセキュリティは大丈夫か?

 個人情報は特に重要課題としてシステム構築に反映しています。
健康アシスト21による医療費削減の図式

母子健康管理システム

母子健康管理システム

震災後の放射線や食品汚染による不安から、母子に対する健康被害が懸念されています。
従来の妊産婦・乳幼児の健康管理だけではなく、ご要望の多いフォローアップにも対応しました。
住環境や健康に関する問診事項も蓄積でき、データ化することで、フォロー業務や台帳作成にも活用できます。

妊産婦健康管理機能

  • 妊娠届け受付・出生届け受付管理
  • 受診券発行機能
  • 健診結果登録
  • 都道府県集計報告
  • 要管理者などの検索、管理台帳の作成

※妊娠初期・妊娠中・出産時の居住地登録で震災避難の経路を記録
※胎児の発育状態の管理(出生前診断)

乳幼児健康管理機能

  • 各訪問・相談記録(新生児訪問・育児相談など)
  • 各健診結果登録(歯科検診含む)、及び未受診者の抽出 
  • 都道府県集計報告
  • 要管理者などの検索と管理台帳の作成
  • 母親(生母)の健康状態(嗜好含む)及び実子との関連検索

※事業所特有の健診項目・相談項目など独自に追加可能
※喫煙歴や下痢などの問診記録、出生地、乳幼児期の居住地を逐次記録

予防接種管理機能

  • 接種情報登録(接種日、メーカー、ロット他)
  • 接種済み票出力
  • 接種台帳作成
  • 未接種者台帳作成
  • 接種記録からの検索・抽出
  • 最近追加された小児性肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチン、ヒブワクチンにも対応

特定健診・健康指導 メンテナンスツール

特定健診・健康指導 メンテナンスツール
X-Checker

国が定めた特定健診・特定保健指導情報の標準様式である特定健診XMLデータ及び特定保健指導XMLデータのチェックや修正、XML標準様式のデータからのCSVデータへの変換を行うツールを、利用しなれない保険者にとって使いやすく、わかりやすいメンテナンスツールとして完成させました。

X-Checker

「X-Checker」とは、特定健診、特定保健指導で利用されるXMLデータ形式ファイルをチェックやデータ修正を行い正規の形式に国への報告が出来るデータメンテナンスツール(ソフト)です。
※平成24年度までの今までのデータにも、平成25年度データにも対応しています。
XMLデータのメンテナンスツールとして定評ある「X-Checker」が、新たにバージョンアップ!機能も充実して、更に使いやすくなります。
複雑なXML 標準様式特定健診保健指導データを容易にチェックできるので、データの正規化が確実に進みます。「 X-Checker」は、欠損データを見逃さないための必須アイテムです。

  • スキーマーエラーチェック機能
  • 健診・保健指導データ一覧チェック機能
  • 個人情報データ一括置換機能
  • 健診・保健指導情報データ修正書込機能
  • XMLデータ再作成機能
  • CSV任意項目出力機能
  • 履歴管理機能

※ チェック機能の仕様は、健保連共同情報システム仕様の条件以上を満たしています。

X-Checkerの基本機能

エラーチェック機能 XMLデータのエラーを詳細にチェック

指定したXMLデータファイルをチェックします。チェックが終了すると、エラー内容が一覧表示され、「どの人のデータのどの項目にエラーがあるのか」を具体的に確認しながら、エラーリポートが作成できます。
エラー一覧は、データ出力(印刷・CSV出力)ができますので、医療機関などでデータ修正が必要になったときに活用できます。エラーデータだけを抽出して、「返却データ(ZIPファイル)」にまとめることも可能です。

エラーチェック機能

データ閲覧・修正機能 修正・一括置換ができます

交換情報、集計情報、健診・保健指導情報、決済情報を一覧形式にして閲覧できます。エラー内容(スキーマ、欠損、標準様式非準拠、警告)が色別で表示されるので、効率よく確認できます。

データ閲覧・修正機能

履歴管理機能 データ更新の作業日を効率よく記録

特定健診・保健指導のデータ登録の更新情報を記録できます。返却状況や登録情報などをメモとして付記しておくこともできます。

データ閲覧・修正機能

Data-Exchange

今でも世の中の大半はテーブル管理で、健診データはCSVデータ形式がなくなったわけではありません。弊社ではXMLだけになる時代には時間がかかると想定し、CSV形式に容易に変換できる製品を開発しました。
XMLデータメンテナンスツール「DataExchange」は、項目の結合、分離、変換、置換等で、お客様のご指定どおりのCSVデータ出力内容にすることが可能となるツールです。またCSV⇔CSV、XML⇔CSV、弊社システム⇔CSVと、どの変換形式も可能です。
※お客様ご指定の仕様内容によっては別途設定費が必要になるケースがございます。

 お問い合わせはこちら