momococo-info

がん登録解析システム業種別サポートシステム

院内がん登録解析ソフト Prometheus Pro

Prometheus Pro
Prometheus Pro

Prometheus Pro は、がん診療連携拠点病院の院内がん登録標準項目(2006年度版)に準拠した内容と、臨床研究に即した各がん個々の詳細な病歴や治療内容データの登録管理・データ分析・解析機能伴うシステムです。診療登録の標準化、統計や生存率などの分析、拠点の連携、これらの機能を全て備えています。

データ登録

がん診療連携拠点病院の院内がん登録標準項目(2006年度修正版)に準拠した内容と、臨床研究に即した臓器がん個々の詳細な病歴・治療のデータが登録できます。

がん診療連携拠点病院の院内がん登録標準項目と臓器がん登録に対応した入力内容。

  • 項目名称、項目枠に色を付け項目わけが可能。
  • 臓器がん登録が同一画面から入力が可能。

臨床研究に即した臓器がん個々の詳細な病歴・治療のデータが登録可能。

臓器別の詳細な癌登録が可能です。

胃・大腸・肝・肺・乳がんの登録は標準仕様で登録可能。
(臓器癌登録もカスタマイズすることで対応可能です。)

入力補助機能
  1. ステージ分類を自動判定。(TNM分類を入力することで判定します。)
  2. 住所、住所コード、郵便番号など基本情報は仮登録済み。
品質管理機能

性別と部位/組織、年齢と部位/組織、局在と側性、局在と組織等をIARCチェックに従い設定します。

データ連携

院内システムとのデータ連携が出来ます。患者基本情報はもとよりケースファインディング用病名データ等が可能です。

データ連携

ケースファインディング

疾患情報(データ)から登録候補リストを作成し各種情報(患者属性・既往歴等)から登録、非登録を切り分けることが出来ます。

仮登録用データには、病院内の病名情報を利用して仮登録を行う事が出来ます。

医事病院情報、レセプト公式情報(入院・外来)、DPC様式1等

ケースファインディング補助情報が表示できます。

病理情報、治療(化学療法・放射線治療)情報等を活用できます。
※これらの情報から自動ケースファインディングも可能です。

ケースファインディング

データ活用

登録されたデータを強力にサポートする。疾患別・病態別の累積生存率をグラフ化したり、各種検定・一般統計・集計機能を利用して簡単に登録報告や治療成績を出力できます。

集計(1次元・2次元)、一般統計

  • 平均値・標準偏差・最大・中央値などの基本的な統計
  • 相関図と一次回帰係数
  • 平均値の差の検定
  • Wilcoxon順位和検定
  • 独立性の検定

生存率の計算と検定

  • Kaplan-Meier法
  • 生命保険数理法
  • 累積生存率の標準誤差に基づく検定
  • Mantel-Haenszal検定
  • ログランク検定
  • 一般化Wilcoxon検定
  • Cox-mantel検定

※Cox比例ハザードモデル多変量解析開発中

データ活用

がん登録解析ソフト CanStat

CanStat

「CanStat」は、データベースとデータ分析(一般統計・生存率解析・多変量解析)が一体化した、がん臨床研究に特化した分析・解析型のデータベースです。医局・個人医の研究の基本データベースとして必ずお役に立ちます。

データベース機能 自由な項目設定、30000症例まで登録可能

登録項目数500項目、30,000症例まで登録できます。
項目には、文字・数字・選択肢・日付・コードのデータ型が設定可能です。年齢、肥満度、生存日数、Stage分類など、自動計算の項目も設定でき、登録したデータをテキストデータとして抽出し、他の表計算ソフトなどで利用することもできます。

データベース機能

検索・集計機能 一次元・二次元集計が自由自在!

文字、数字、選択肢、日付、コードなど各データを複合した高度な検索が可能です。検索で絞り込んだデータを母集団にして、任意の項目で一次元集計、二次元集計ができます。 検索結果ファイルや項目を自由に選択して、データを表示できます。

検索・集計機能

一般統計 充実の統計・解析機能、選択オプションも豊富

検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団として、統計解析が可能です。基礎統計量・t検定・順位和検定・カイ二乗検定ができます。t検定・順位和検定では「対応なし・対応あり」が選択できます。

  • 基礎統計量
  • 相関と回帰
  • 平均値の差の検定(t検定)
  • Willcoxon順位和検定
  • 独立性の検定(X2検定)
一般統計

生存率の計算と検定 検索群を母集団にして解析できます

検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団としたり、その母集団の中で条件付けをしたもので生存率の計算・検定ができます。生存率計算は生命保険数理法およびKaplanMeier法が選択でき、生存率の検定方法はZ検定、Mantel-Haenszel検定、ログランク検定、一般化Wilcoxon検定、Cox-Mantel検定が選択できます。

生存率の計算と検定

多変量解析 2つの生存率多変量解析が加わりました

検索機能で絞り込んだ任意の対象群を母集団としてCox比例ハザード重回帰分析、ロジスティック重回帰分析ができます。結果は、係数・標準誤差・Z値・p値・リスク値・95%信頼区間の計算結果とKaplanMeier法累積生存率・生存関数グラフ(Cox比例ハザード重回帰分析)が表示されます。説明因子間の相関係数との因子チェック機能、説明因子間の積による因子追加が可能になっています。

多変量解析

HosCanR Plusデータ解析ソフト CanStat-R

HosCanR Plusデータ解析ソフト「CanStat-R」は、国立がん研究センターが提供している院内がん登録ソフト「HosCanR Plus」のデータを活用するためのソフトです。
移行されたHosCanR Plusのデータをデータベースとして、検索・集計(一次元・二次元)、統計解析、生存率の計算と検定、多変量解析ができます。

医療相談・がん相談支援システム Community-link2

医療相談・がん相談支援システム Community-link2

「Community-link2 医療相談・がん相談支援システム」は、多様化・増加傾向にある医療相談・がん相談の情報を一元管理、共有化するシステムです。医療相談室、がん相談支援センターの医療相談業務を強力にサポートします。

がん相談支援システム

"がん診療連携拠点病院"の「がん相談支援センター」業務をサポートするオプションシステムをご用意しています。

Community-link2の特長

  • 医療相談・がん相談の情報を一元管理・共有化
  • ID・パスワードでの使用者認証、アクセス履歴などのセキュリティ管理
  • 匿名や患者外など様々な相談内容も一括管理
  • 相談部門以外で作成された文書をスキャナーで読み取り、ファイル形式で保存
  • 相談が完了した段階で登録内容をロックし、真正性を確保
  • 様々な分析を可能にする各種相談別の統計出力(EXCEL形式)
  • 紹介元・紹介先の医療機関情報は、地域医療システムと連携
  • がん相談支援センターの運営にも柔軟に対応
医療相談・がん相談支援システム Community-link2

医療相談・がん相談支援システムの処理の流れ

相談受付

相談票の情報を共通化して一元管理します。 医療相談・がん相談それぞれの相談種別に応じて、補足情報として登録し、個別に管理することもできます。

がん相談票は"国立がんセンターがん対策情報センター"提示の「相談記入シート」の内容を網羅しています。
初期設定の相談種別で「がん相談」を指定すると、相談内容・対応内容の区分ががん相談用のものになり、がん情報の登録項目が追加されます。

退院支援・継続相談

対象患者の退院支援計画を作成します。
継続的に相談支援(2回以上)が必要な場合は「経過記録」に登録します。

日報・統計

個別援助外援助を登録して、日報を作成します。
日付範囲指定を利用して、月報や随報も作成できます。

医療相談・がん相談支援システムの機能概要

主な機能

1.相談票登録業務

全ての相談に共通となる情報を管理
PDF形式で出力も可能

2.経過記録登録業務

相談が継続する場合に登録
対応内容を分類化可能

3.退院支援計画作成業務

日本医療社会事業協会様式のチェック方式での登録も可能

4.外部文書添付機能

医師、看護部門および他部門で作成した文書はスキャナでPDF形式にて保管

5.日報、統計処理、相談台帳

日本医療社会事業協会様式を採用 EXCEL形式による加工、抽出が可能

6.がん相談票対応

“がん診療連携拠点病院”の「がん相談支援センター」業務を支援するオプションシステム

 お問い合わせはこちら